トップ過去問一覧基本情報技術者 平成23年・春 > 問19
問19

Webサーバとデータベースサーバ各1台で構成されているシステムがある。次の運用条件の場合,このシステムで最大何TPS処理できるか。ここで,各サーバのCPUは、1個とする。

 

〔運用条件〕

(1)トランザクションは,Webサーバを経由し,データベースサーバでSQLが実行される。

(2)Webサーバでは、トランザクション当たり,CPU時間を1ミリ秒消費する。

(3)データベースサーバでは,1トランザクション当たり,データベースの10データブロックにアクセスするSQLが実行される。1データブロックのアクセスに必要なデータベースサーバのCPU時間は,0.2ミリ秒である。

(4)CPU使用率の上限は,Webサーバが70%,データベースサーバが80%である。

(5)トランザクション処理は,CPU時間だけに依存し,Webサーバとデータベースサーバは互いに独立して処理を行うものとする。

○正解
×不正解

400

500

700

1,100

解説

TPSは1秒あたりの処理可能トランザクション数のことなので単位を秒に合わせます。

1ミリ秒=0.001秒

0.2ミリ秒=0.0002秒

Webサーバが1秒間に処理可能な最大トランザクション数は

1/0.001×0.7=700(TPS)

データベースサーバが1秒間にアクセス可能な最大データブロック数は

1/0.0002×0.8=4000(データブロック)

であり、実行可能な最大トランザクション数は

4000÷10=400(TPS)

 

システム全体の処理能力は、両サーバの少ないほうに依存するのでデータベースサーバ単体と同じ400(TPS)です。

無料学習システムはこちら
→間違えた問題を繰り返し学習
→分野別学習
→模擬試験モード
デモサイト
無料ユーザ登録

問題文や解説文の内容の正確性については、できるかぎりチェックをしていますが、間違いがある可能性があります。 十分ご注意の上、参考までにご利用ください。